流行りの平屋を見る

上野建物が山梨県で展開する平屋の家づくり
コミュニケーションが取りやすい
2階建てより構造的に安定しやすい
階段部分のスペースを有効活用
メンテナンスしやすく費用も安くすむ
バリアフリーの平屋で安心の老後
上野建物が考える家族のコミュニケーション
平屋は同じフロア内にすべての生活スペースが収まることになります。そのため、家族で顔をあわせる機会が多くなり、コミュニケーションが取りやすくなるのがメリットです。
上野建物が考える強い住宅
震大国である日本に住んでいる以上、住居の耐震対策は必須です。平屋は2階建てと比べて重量が軽くなりますから、地震に強い住居であると言えるでしょう。
上野建物はスペースを有効活用
2階建て住宅の場合、一般的に階段やそのホールに必要なスペースは4畳から5畳分と言われています。平屋ではそのスペースを書斎にしたり寝室にしたりさまざまな使い道が考えられます。
上野建物が考えるメンテナンス
住宅というのは新築を購入したら終わり、というわけではありません。定期的なメンテナンスが必要です。2階建てだと足場を組む必要がありそのぶん費用がかさみますが、平屋はその分メンテナンス費用を安くすることができるでしょう。
上野建物ならバリアフリーで暮らしも安心
若いときは平気でも、高齢者になると少しの段差が転倒やケガのもとになります。もともと階段のない平屋をバリアフリー設計で建てれば、終の棲家として老後も安心して暮らせるでしょう。
f5aa53a4d59bf6ff5b5e016b923d5a04